12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

信じられません

2010.01.12 (Tue)

おととい、検査薬で終了線ほどではないにしても、わりとはっきり陽性反応がでました。

ここからは陽性反応後の病院の話を書きます。私もつらい中治療をしてきたので、他の人の陽性報告なんてみたくないという気持ちもわかります。見たくないかたは読まないで閉じていってください。ただ、自分自身もまだ確実に妊娠したという感じではないので、現在の様子などを書いておきたいと思います。



陽性反応後落ち着かなくて、ネットでいろいろ調べたら、流産していた場合にも陽性反応がでるとかいろいろと書いてあって疑心暗鬼になってしまいました。昨日は祝日で病院がお休みだったので、一日待つのが本当につらかった。本日朝一番で病院に行ってきました。(予約は5番)

エコーの部屋に入ると、看護婦さんから妊婦になると検査できないから先にがん検診しますね、といわれました。まだ妊娠したかどうかわかんないのに。

先生がやってきて検査用に何か採取した後、エコーを確認しました。ちっさいまめつぶみたいのをさして、多分妊娠してるけど、まだ良くわかんないねー、といわれました。しかも二つあるかもしれないって。。相変わらず微妙な言い回しです。

その後すぐに診察室に呼ばれて、どこの病院を希望しているか聞かれました。私ははっきり言ってくれないのがなんだか不安で、「妊娠しているのですか?」と聞くと、「うん。多分ねー」との回答。喜んでいいのかどうか微妙です。

病院についてはどこでお産するとかぜんぜん考えてなかったから焦ってしまい、とりあえずうちから一番近い、お産できる病院にしました。結局今日でちょうど5週目だそうです。まだ良くわからないから、来週もう一回来てといわれたのですが、紹介状は出されました。そのほかの説明は一切なし。この後どうすればいいのか勉強不足の私はおろおろしてしまいました。

会計のときに受付の人にこのあとどうすればいいのかを聞くと、お産予定の病院に電話してくださいとのこと。早速向かいの待合所にあるパソコンで病院の産婦人科の電話番号をしらべて、初診の予約をしました。その病院は一度診察しないと分娩予約ができないといわれました。初診は予約できましたが、二週間後とのこと。そんなに混んでるのかな。

追記:このあといろいろ調べて、近所に住む友人が薦めてくれた別の病院に行こうと決めました。この病院は無痛分娩があるので。

本ブログによくコメントをくれるヒカルさんも、ほんの数週間前に陽性反応がでたとの報告がありました。陽性反応後、私はその記事をじっくりと読んでみたのですが、私は気持ち悪くなるなどの症状はありませんでした。

私は次のような症状がありました。
・生理前のように下腹部がしくしく痛む(これは断続的)
・生理前と同じように胸が張っていて、今も張り続けている(ちょっと痛いぐらい)
・体温がずっと高くて、普段より眠たい感じがする
・お腹が張った感じがする(お正月で食べすぎだったのかもしれないけど^^;)

実は検査薬をやった19日目から体温計には病院マークと妊娠マークがでていました。今日で21日目ですが出続けています。体温はこのまま測り続けないといけないのかな?

AIHは実質5回目(一回排卵しなくて失敗しているので)で今回に至っています。今回どうして陽性になったのか、自分なりに分析してみました。
・仕事がさほど忙しくなかった。いつもの1/3ぐらいしか残業してないし、責任の重い仕事もそんなに無かったからストレスもそんなに無かった。
・旦那さんのが量も成績も今までで最も良かった。(数日ためておいてくれて、当日はお休みして採取してくれた)
・寒いのでものすごく厚着できた。(暑いとつい薄着になっちゃう)
・毎日欠かさずお風呂を入れて、湯船につかった。
・友人らにカミングアウトしてすこし気が楽になってた
あと、一番大きいのは、AIHした直後にHCGの注射を打たなかったことかもしれないです。前日にブレセキュアしただけで卵が成長していたので、その日は注射なしだったんです。一番違うのはそこかも!

ですが、ヒカルさん同様、妊娠がわかったら手放しで嬉しいのかと思いきや、なんだかいろいろなことが不安で仕方がないです。病院は大丈夫だろうか、高齢だし流産しちゃうんじゃないか、つわりは大丈夫なのだろうか、とかもういろいろ。

今までブログがあって、ブログにきてくださる皆さんが励ましてくれたり、教えてくれたりしたので、ストレスをためすぎないでここまでこれたのだと思っています。本当にありがとうございました。これからもまたきっと不安をここにつらつらと書いていくと思いますが、お付き合いいただける方、これからもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
10:29  |  通院  |  Comment(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。